キャッシングを始めた当初は、お金を借りるということに慎重になっていますが、馴れてくるといつの間にか3社4社と借入件数が増え、当初は楽に返済出来ていたのが、毎月の返済に追われるようになることがあります。
そうなってしまうと、利息の負担ばかり増えてしまい、払っても払っても利息の負担ばかりで返済が進まず、元金がほとんど減らない状況になってしまいます。
そのまま返済を続けてもいつになったら終わるのかと金銭面だけでなく、精神面での負担も大きくなり、毎日の生活にストレスもたまっていきます。
そんなときはおまとめローンを利用してひとつにまとめることも考えてみるのもひとつの方法です。

「まとめるためにはタイミングがある」
多重債務になると、いつかに何らか事情で返済のリズムが崩れてしまうと、返済が滞ってしまったり、悪くすれば返済ができなくなるということにもなりかねません。
返済が苦しくなってくると、新たな借入れ先を探さなければならず、その場しのぎで乗り切ろうとも考えますが、借入件数が多かったり遅延などを起こしていればなおさら審査結果は厳しいものとなります。
そこで、何とか返済ができているうちにまとめることを考えるべきで、少しでも利息を少なくして完済するためにも、おまとめローンを活用をおすすめします。

「オリックス銀行カードローンでまとめる」
おまとめでまとめれば金利負担が少なくなるというメリットがありますが、数百円や数千円程度の差であればまとめる意味がありません。
そこでおすすめしたいのがオリックス銀行カードローンで、金利は3,0%~17,8%、融資限度額は最大で800万円という高額融資が可能で、300万円以下の申込なら収入証明が不要というカードローンです。
複数社からの借り入れを、オリックスカードローンでまとめた場合を比較してみました。
(一般的な返済方式でシミュレーションをしているので実際とは異なります。あくまでも参考として計算しているので、詳しいことは問合せをしてご確認下さい。)
※表1
返済金額が異なるため、実際とは違ってきますが、金利負担が大きく軽減されることがわかります。

「おまとめは金利負担を軽減できる」
金利負担を少なくなるのは、複数社で借入をしている場合、上限金利で借りることになります。
おまとめで借り換えるのは複数社の借入をひとつにまとめることで、借入金額が増え、それに伴い、金利が下がるということになります。
さらに、銀行カードローンでまとめると金利の差が大きくなるので、金利負担が軽減されることになります。
http://xn--t8j0c1cn45ceb0d.rgr.jp/